個人情報保護方針

プライバシーポリシー

  1. 個人情報保護に関する行動方針

    株式会社フイエス(以下、当社)は、事業を運営していく上で、個人情報の重要性を認識し、個人情報に関する法令およびその他の規範を遵守するとともに、利用者の皆様に安心・信頼感を提供するために以下の方針を定め、お客様の個人情報の適正な取り扱いに努めてまいります。

  2. 個人情報の開示について

    当社は、個人情報に関するお客様の権利を尊重し、ご本人からの請求による場合で、ご本人であることの確認がとれた場合に限り、ご本人の個人情報の開示、訂正、削除について、妥当な範囲内でこれに応じます。

  3. 個人情報保護の取り扱いについて

    当社は、個人情報を利用する場合、個人情報保護の重要性を強く認識し、当該個人情報の利用目的の範囲内でこれを行います。

情報セキュリティ方針

当社は、長年培ってきた人財、技術を生かし、システム開発面で各分野のお客様のお悩みの解決にお役立てできればとの思いでサービスの提供を行っております。
昨今、個人情報・企業情報の漏洩による問題が増加する中、社会的責任を踏まえ様々な情報資産の重要性を認識し、必要な情報マネジメントシステムを必要な経営資源を投入し確立します。これにより当社が知り得るお客様の情報システム・情報資産を不正アクセス、犯罪、過失などの脅威から保護できると確信しております。
これにより、法令遵守を基本とした高い企業理念とソフトウェア開発事業者としての高い安全性・信頼性を確立します。

行動指針

  1. 情報セキュリティ管理の策定

    当社は、情報セキュリティの取り組みを、経営並びに事業における重要課題の一つと認識し、法令及びその他の規範に準拠・適合した情報セキュリティ管理規則を策定する。更に当社経営者を長とする情報セキュリティ委員会を設置する。委員会は各部署より情報セキュリティ推進責任者として任命された者が従事し、情報セキュリティに関する方向性、行動指針を確立し、関係部署への通達・調整を行う。

  2. 情報セキュリティ管理体制

    当社は、情報セキュリティ目的を各部門及び階層に設定し、情報セキュリティの継続的改善を促進します。

  3. 個人情報保護法の改正に伴う対応

    現行法では適用対象外となっていますが、小規模取扱事業者も適用となります。
    より一層の情報管理に徹底していきます。
    また、管理職として「要配慮個人情報」の扱いについて適切に運用するよう努めていきます。

  4. マイナンバー社会保障・税番号制度の管理

    この制度において情報セキュリティ(ISMS)の視点に立ち、特定個人情報保護のあり方及び安全管理措置について対策を講じ、「マイナンバー社会保障・税番号制度」を順守します。
    また、個人情報保護法の改正に伴うマイナンバー法についても適切に対応し運用していきます。

  5. 情報資産の保護と継続的改善

    当社は、当社の保有する全ての情報資産の機密性、完全性、可用性を確保する事の重要性を認識するとともに、継続的にリスク評価を行うことで適切な情報資産の保護に努め、事業継続のための管理措置を適切に行い継続的な改善を進めていく。

  6. 法令・規範の遵守

    当社の役員及び従業員が、情報セキュリティ対策に関する法令、事業上の要求事項及び各種規範を遵守する。また、これらに違反した場合、就業規則などに照らし合わせ、然るべき処分を行う。

  7. 教育・訓練

    当社は、当社役員及び従業員へ必要な情報セキュリティに関する教育・訓練を実施し、各人に情報セキュリティ活動の重要性を認識させることで、意識の向上を図る。

2017年4月3日

株式会社フイエス
代表取締役 秋元 秀之